鴨川市 故郷納税 かもがわナビ 安房農業協同組合 鴨川市商工会 一般社団法人 鴨川市観光協会 特定非営利活動法人 大山千枚田保存会 農事組合法人 鴨川自然王国 みんなみの里 鴨川農家民泊組合 カモ旅
もっと鴨川を知る

鴨川時間

鴨川で楽しめるスポットや地元ならではの素材、田舎暮らしを楽しむ知恵etc。
鴨川の様々な時間をほんの少しですが、ご紹介しております。

里山の春の贈り物<たけのこと山菜>

たくさん収穫できました。

立派なたけのこ掘れました。

雑草の中にひっそりわらび見っけ。

一面に広がる野蕗。

春の里山は、美味しい食材がもりだくさん!

 

首都圏の方々も「生たけのこ」や山菜などをスーパーマーケットで見かけると、「春だなぁ~」と嬉しくなりますよね。

 

鴨川の里山にもたくさんの食材が芽を出してきたので、地元の地権者さんのご協力を得て、「たけのこ」・「蕗」・「わらび」採りへ行ってまいりました。

 

竹林の脇に、ほんの少し地面が割れて出てきたばかりのたけのこ、なかなか見つけるのが大変ですが、大きく芽が出てしまう前の方が柔らかくて美味しいそう。

 

「あった!!」地面の下で、太く大きく育っていると良いのですが…

 

 

周りの土を掘っていき、根元のボツボツが見えてきたら、根元へ鍬を一気に入れましょう!

 

 

汗だくになりながら、大きなたけのこがたくさん掘れました♪

 

 

さて、お次は山菜を探してみました。

 

 

わらびを発見。雑草の中からこっそり顔を出していましたよ。

 

 

こちらは野蕗が一面を覆っています。

 

スーパーマーケットなどで見かける大きな「蕗」は、「水蕗」で茎の中に穴が開いているんですが、こちらは「野蕗」で穴が開いていません。

 

どちらも美味しく食べられるそうですが、「野蕗」は皮を剥かなくても良いそうです。

 

皮を剥くときに灰汁で指先が黒くならず、嬉しいですね。生えている状態では全く見分けがつかないんですけどね。

 

たくさん採れたので、さっそくお料理しましょう!

 

 

たけのこは、頭を斜めに落として米ぬかと唐辛子で茹で、柔らかくなったら一晩冷ましてから、だし汁にお醤油とみりんでわかめと煮ました。

 

 

わらびは重曹水で灰汁を抜いてから、少しのニンニクとごま油とお醤油とお酒で炒めて「わらびのナムル」にしました。

 

 

野蕗はお醤油とお砂糖とみりんで、煮物に。

 

たくさんの贈り物をくれる里山の自然を大切にしながら、ルールを守って毎年、季節の味を楽しんでいきたいですね。

Photo&Text

YUKIE YAMANAKA