鴨川っ娘への道

移住2年目・Iターン女子が見つけた、穴場スポットや地元限定の絶品料理etc。
移り住んでわかった田舎暮らしを楽しむ秘訣をお届けします。

005

「ほろ苦さは春の味♪」<ふきのとうレシピ>

春の味、ふきのとう。

ペペロンチーノ。

イチ押しはふき味噌。

ディップも簡単。

味噌入りおむすび。

「ほろ苦さは春の味♪」

田舎暮らしを始めて、食べ物で季節を感じられることが増えました。

 

今年は温暖な鴨川でさえ雪が降るくらい寒いですが、早くも春を告げるごちそう食材が!

 

 

 

ふきのとう!!

 

ふきのとうは、房総では、菜花と並んで春の山菜のトップバッター。都会では天婦羅屋さんでお目にかかるくらいでしたが、鴨川では地元スーパーでも盛んに売られています。10個入りくらいで高いと¥398とか。結構いいお値段!

 

私の活動地域・四方木(よもぎ)ではまだこれからですが、鴨川の山側の地域ではそこらへんにニョキニョキ生えていたりも。

 

いろいろ作ってみることにしました。

 

まずは下処理(自己流)。野に生えているものなので、基本はしっかり洗うこと。後ろのヘタのようなところを切り落とし、よれっとしている部分を取り除いたら、流水に当てながら葉っぱを開きます。

この茶色はおそらくアク。汚れではありません。

 

蕾を覆ってる葉っぱをそっくり返してください。

 

 

この状態で天婦羅にすると見映えも良いですが、葉っぱの間に潜んだ泥やゴミが取れるので、面倒くさがらずに、どんな料理の場合もやって正解。アクが気になる方は水に晒したり、塩茹でしたりもするようですが、ふきのとうのほろ苦さが大好きな私は省略します。

 

今日のメニューは、ふき味噌料理。

 

ふき味噌って和風っぽいですが、作ってみると、和洋どちらにも使える魔法のソース。10分あればつくれます。

 

★材料(つくりやすい分量)

ふきのとう…80g(大小12~3個くらい)

サラダ油…大さじ2

*味噌…80g 

*酒…大さじ2

*みりん…大さじ1

砂糖…小さじ1~2

 

(1)*の調味料を合わせておく。

 

(2)フライパンにサラダ油を入れて温めながら、ふきのとうを粗みじんに。ふきのとうは、包丁を入れた途端に黒く変色してくるので、刻み終わったら即フライパンに投入。

なめらか味噌が良い場合は、もう少し細かく刻みましょう。

 

火が通ると、途端に鮮やかな色に変化します。

 

(3)中火で1分程度炒めて油が回ったら、*の調味料を入れて弱火にし、2~3分炒めて水気を飛ばす。

 

(4)味見してみて砂糖を加える。砂糖の量は、味噌の塩加減で変わるのでお好みで。冷蔵庫で3~4日は持ちます。

 

これを炊きたてご飯に混ぜて握れば、ふき味噌おにぎりのできあがり。

 

シンプルですが、大ヒット。香りが良くて、ふきのとう好きにはたまりません。

 

同量のクリームチーズを混ぜれば、蒸し根菜のディップ。

 

 

白ワインにぴったり。

 

そのままお肉やお魚のソースにしても、もちろん美味。

 

ふきのとうといえば、ご存知の通り大定番は、天婦羅。油がほろ苦さをまろやかにしてくれますよね。

 

というわけで…ペペロンチーノも抜群です。

 

 

ふきのとう三昧。

 

ぺろり。

 

ごちそうさまでした。

 

ふきのとうは、このまま育つと、ふきになり、またまた美味しくいただけます。地元のおばあちゃまが作る、ふきとたけのこの煮物は絶品。

 

またご紹介します!

 

Photo&Text

RYOKO HASHIZUME

都会で生まれ育ったアラフォー♀。2016年2月に移住。海と山に囲まれた鴨川で楽しくおいしい日々を送る。現在、鴨川市地域おこし協力隊として四方木地区を担当し、活性化に奮闘中。http://yomogiyomogi.jp