地域紹介

概要

海岸部では照葉樹林の緑、外房の深い青、海岸線の白、農村部では、山間部から平野部まで拡がる水田が、初春には水を湛え、初夏には山と一体となった新緑、初秋には黄金色に輝く稲穂、海岸線を走る国道128号線沿いは、日常の買い物などの生活の中心として、レジャー施設やホテル群なと国内有数のリゾートとして、加えて、外房漁業の中心地でもあり、伊勢海老、ひじき、アワビ、旬の魚貝類が水揚げされます。 人口はおよそ3万3千人。

鴨川市について1

位置

鴨川市は、千葉県の南東部に位置し、東は勝浦市に、西は南房総市及び鋸南町に、また北は大多喜町、君津市及び富津市の合計4市2町に隣接し、東南は太平洋にひらけた観光農漁村地帯で、南房総国定公園の区域内にあります。

位置

面積

地域面積は191.14km2で、地形は上総丘陵及び清澄山系・嶺岡山系の山間地及び丘陵地が大部分を占め、平坦地は比較的少ないのが特徴で最高地は408.2m(愛宕山)です。これらの山間丘陵地に挟まれるように、米どころとして有名な長狭平野が開けています。

面積

気象

南東部が太平洋に面しているため黒潮の影響を強く受け、冬季が6℃前後、夏季が26℃前後と年間を通じての気温差がすくなく亜熱帯気候特性を有しており平均気温が16.4℃と年間を通して、温暖な気候の土地です。これら温暖な気候と、美しい海岸線やのどかな田園風景などの自然環境に恵まれ、加えて日蓮聖人の誕生の地として豊かな歴史を持つまちでもあります。

気象

快適な鴨川暮らしのために

温暖な気候で暮らしやすい鴨川市は、近年都会から移り住んでくる人が目立ちはじめました。定年後をゆっくり過ごす人、陶芸家や芸術家、農業を始める人、キャンプ場やペンションなどを経営する人など様々ですが、健康で心豊かな鴨川ライフを楽しんでいるのが見受けられます。

東京から90分という距離は、気軽に東京に行くことができ、午前中都心へ向かうときも、夕方帰ってくるときも、渋滞は反対車線で、時間を有効に使えます。また、光ファイバーインターネットも市内全域で使えるので、都市との連絡や仕事のやり取りもそれほど不便を感じません。

亀田総合病院や大手ショッピングセンターなどの施設充実も、鴨川の暮らしを豊かにしています。

【産業について】
鴨川市の産業は大きく分けて「農業」「漁業」「観光」です。農業は、農地の9割が水田であり、昔から水稲栽培が盛んです。加茂川流域を中心とした長狭平野は、有数の米どころで、天皇献上米としての歴史もあります。漁業は、鰯・鯵・鰤等の水揚げが多く、また、鮑・サザエ・伊勢海老漁も盛んです。観光では、全国的に有名な鴨川シーワールドを始め日蓮聖人生誕の地である誕生寺・清澄寺・鯛の浦があります。

【医療について】
市内には亀田総合病院・国保病院・鴨川福祉センター・東条病院・小田病院等があり、個人開業医として歯科、内科、小児科、眼科など医療は充実していますので、医療、福祉面では安心して生活できる所です。

【学校について】
鴨川市内には8つの小学校(江見・鴨川・東条・西条・田原・長狭・小湊・天津)があり、中学校が3校(鴨川・長狭・安房東)あります。鴨川市では全国的に問題化している「中1ギャップ」の解決に向けた小中9年間の学びの連続性の確立を図るため、小中一貫教育を推進しています。高等学校も2校(千葉県立長狭高等学校・私立文理開成高等学校)、また、亀田医療大学、城西国際大学観光学部の4年制大学、その他早稲田大学セミナーハウス・東洋大学セミナーハウスや東京大学千葉演習林、千葉大学海洋バイオシステム研究センターなど教育研究施設も立地しており、学園都市としても充実しています。

【インフラについて】
市内には、大型ショッピングセンター、大型スーパーや家電量販店、DIY、農業用品等の店舗も充実していますので、お買物の不便さはありません。

【その他について】
お住いになる地域により、慣習やお付合いの程度が多くある所、簡略化されたところと様々ですが、いずれにしても多かれ少なかれ地域の慣習があります。新しく移り住んだ方々も地域の一員として見られますので、積極的に地域に溶け込む努力が必要です。
また、その一つとして、都会生活では考えられない出費もあります。祭礼時の寄付、地域消防団への協賛金(寄付)、区費(地域により異なります)、共同募金等。これらを納得した上で移住場所を決める必要があります。
これらのご相談、アドバイスを鴨川市ふるさと回帰支援センターで行っていますので、是非お気軽にお越しください。
また、交通アクセスは都会と比較すると不便ですので、移動手段として自家用車は必需品です。

 概略図


◎鴨川地区

鴨川地区

鴨川地区は海岸を中心とした市街地で、観光名所の鴨川シーワールドや房総半島有数の総合病院である亀田総合病院、ショッピングセンターやホームセンターなどがある商業や観光を中心とした生活に便利な地域です。渚百選にも選ばれた美しい海岸線では、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツが盛んです。

◎江見地区

江見地区

南部の江見地区は、黒潮の恵みによる漁業や温暖な気候を利用した花卉栽培が盛ん、道の駅「オーシャンパーク」もあります。太海は頼朝伝説の仁右衛門島、太海フラワーセンターなどの観光施設、城西国際大学観光学部や早稲田大学セミナーハウスなどの施設もあります。

◎天津小湊地区

天津小湊地区

天津小湊地区は森林が多く、内浦山県民の森や東大演習林などがあります。歴史ある神社仏閣も多く、漁業が盛んな地域です。小湊には日蓮聖人誕生の地である誕生寺や鯛の浦などの観光地があります。

◎長狭地区

長狭地区

長狭地区は市の中心から西に約10キロ余りの長狭平野は、長狭米と呼ばれる美味しいお米が取れる地域。みんなみの里を中心とした体験農業も盛んです。