高瀬智弘さん

 高瀬智弘さん


三重県出身の高瀬智弘さんは、幼少期から野球一筋で過ごし、大学在学中にはオール東海選抜のキャプテンとしてチームを日本一に。民間企業に就職後、「千葉マリンスタジアムを満員にできる人募集」という新聞広告を見て、即応募。念願かなってプロ野球球団「千葉ロッテマリーンズ」の企画広報担当となり、18年に亘って、それまでの球界になかったアイディアを次々と実現させ、マリーンズファンを増やすことに全身全霊を傾けてきました。そして2011年から千葉市幕張と鴨川市太海での二地域居住を開始し、2015年に球団を退職し完全移住。カフェやシェアハウスを経営されています。
マリーンズの秋季キャンプが鴨川市で行われることになり、太海を案内されたときに一目ぼれをしてしまったという高瀬さんにお話しを伺いました。

■移住したきっかけは?
子どもの頃から海辺に住みたいという夢がありました。
最初3年間は幕張と鴨川の2拠点居住でスタートしましたが、一度の人生、悔いなく生きた!と思えるように、完全移住、脱サラ起業を選択しました。
それまで時間を見つけては日本各地、時には海外の海辺(=将来住む場所)を探しまわっていました。
その中で鴨川を選んだのは前職の関係で鴨川の人たちのあたたかさに触れたから。仕事で来ているのに「ただいま!」と言いたくなるような人たちがいてくれたことがとても大きいです。太海は鴨川市役所に勤める恩人達が紹介してくれました。太海の海を目の前にした瞬間、ここに住みたいと思いました。すぐに海沿いの細い道を歩いてみると、夢に描いていたような海辺の平屋の空き家を見つけました。そして、その物件の住所が1969番地、私が生まれた1969年と同じだったんです。笑
■移住前と移住後で変わったことは?
空を見上げるようになりました。
すれ違う人たちと挨拶するようになりました。
時間の流れが変わって、自宅に遊びに来る仲間たちが増えました。家族のように思える仲間たちがたくさんできました。本当の家族もできました。
仕事人間が、独身貴族が、今は大切な家族と、太海に集まる仲間たちと楽しい時間を過ごせています。
起業して2年。収入は現状、前職に比べ2/3程度でしょうか?会社としては黒字転換できそうですが、まだまだ社会に貢献できていないです。笑
支出も大幅に減りました。幕張時代のマンション家賃15 万円が、今は家賃0。(現在の家は借家です。廃墟になっていた空き家を自分でリノベーションすることを条件に10年間家賃は不要としてくれました。空間デザインが好きで、セルフリノベーションしたので費用は350万円程度。車一台買うぐらいで海辺の秘密基地を手に入れることができました。)幕張への通勤費もかからないし、ここではベンツもロレックスの時計もブランドスーツも必要なくなりました!笑
■移住にあたって、キーパーソンとなった方は?
当時の鴨川市役所のマリーンズ担当の皆さんと、自宅裏のおじいちゃん、鈴木さん。
市役所の恩人たちは、鴨川を好きにしてくれました。そして、移住にあたって色々なアドバイスや、情報をくれました。リノベーションもプライベートで手伝ってくれました。裏のおじいちゃんは移住する不安を取り去ってくれました。
たくさんのおせっかいがあったかくて、いつの間にか鴨川の父みたいに思わせてくれてます。笑
■住んでいる地域への関わりや意識など、移住前後で変化はありましたか?
観光協会の会合や行事、祭りや神社の清掃、カフェに来てくれるみなさん、朝の散歩、伊勢エビ漁のお手伝い、、、太海は小さな漁村です。みんな顔見知りで、日常にあたたかい交流があります。
近所の人との関係が文字通り近くなりました。
近所のおばあちゃんを病院に送ったり、子守をしてもらったり、醤油切らしたら借りたり、、、笑
町のみんなが助け合おうという気持ちを持っているし、自分も何か役に立ちたいと思うようになりました。
前職時代の方が地域に対する貢献はできていたのかもしれませんが、太海という新しいフィールドに自分らしい何らかの貢献をしたいし、その気持ちは今の方が強いかもしれません。
■鴨川でのくらしはいかがですか?
移住すると今まで交流のあった人たちと疎遠になるのではという不安がありました。しかし海辺に住み始めると多くの仲間が自宅に遊びに来てくれるようになりました。次にもっと多くの仲間が集えるようにカフェを作りました。そうすると太海に住みたいという仲間がでてきました。そしてそんな仲間たちとシェアハウスを作りました、、、、、、、
自分の住んでいるこの場所をもっと多くの人に知ってもらいたい。もっと多くの仲間たちがこの場所に集まってきてほしいと思うようになりました。
今は、この町にもっとたくさんの笑顔が集まるように色々チャレンジしてみたいと思っています。
■移住を考えている方に、一言アドバイスを!
移住となると人生の大きな選択ですね。勇気もいります。
新しいことを始める勇気と、やりたいことがあるのにやらない勇気。どっちの勇気を選ぶかは、あなたのモノサシで決めるものですよー。
住み始めは不安です。情報もなく不便です。
頼れる地元の知人、友人ができるといいですね。新しい生活のスタートに力を借りちゃいましょう!
自分からどんどん話しかけてみるといいと思います。みんな、親切にしてくれますよ、きっと。

高瀬さんにお話しを聞きたい方は  浜茶屋太海 https://ja-jp.facebook.com/hamajayafutomi/ へ